BiOcafe BLOG

  • 【ヘルシーランチ/渋谷/グルテンフリー/ベジタリアン/ヴィーガン】11月のヘルシーランチ ~BiOcafe~

    渋谷でヘルシーな野菜ランチ 11月BiOcafeの月替り グルテンフリーとヴィーガンの2種類をご紹介します。

     
    つい先日まで一年で一番過ごしやすい季節でしたのに、一気に冷え込む日が増えてきました。いよいよ冬の到来です。
    11月のテーマは10月から引き続き「冷え対策」に注目しています。今の時季は冬よりも1日の寒暖差が大きく、調子を崩しやすくなります。秋の「冷え」を放っておくと、寒さが一段と厳しくなる冬には悪化しがちです。寒暖差に対応しようと必要以上にエネルギーを使い、疲れてしまうからです。自律神経が乱れて血流が悪くなり、さらなる「冷え」に繋がります。ストレスをためないことや適度な運動は必須ですが、まずは日ごろの食事の見直しからです!
    「冷え対策」に特化した11月の「食べてキレイになる」ランチのご紹介です。

     

    ●【11月】玄米ライス 若鶏のケイジャンソース ガンボ


    ケイジャンとは、アメリカ南部で生まれた郷土料理のこと。唐辛子をはじめ複数のスパイスを使うのが特徴で、ケイジャンの香辛料には身体を温めてくれる効果効能があります。昔からこの郷土料理は主食の米を使用することが多かったため、ケイジャンソースはご飯にかけて食べるのが特徴的です。BiOcafeでは、白米ではなく更なる栄養価を考えて玄米ご飯にかけていただきます。そして、最後の表記、ガンボとはオクラという意味ですが、煮込んだソースにオクラのとろみをつけていただくのもケイジャンの特徴です。香辛料の香りで異国情緒を感じながら頭をリラックスさせ、心も身体も緩めて血流を良くして「冷え」を撃退しましょう!そしてキレイになりましょう!

     

    ●【11月】玄米生パスタ 黒生姜と蕪の餡掛け

    ヴィーガンでグルテンフリーメニュです。身体を温めてくれる食材の優等生には、生姜があります。生姜パワーは言わずと知れた温め効果がありますが、ここでは通常の生姜ではなく、黒生姜を使用しています。熟成炉を使用して3週間かけて仕上げた黒生姜には、通常のショーガオールの57倍の含有量があり、これが身体を芯から温めます。味もまろやかになっています。植物性たんぱく質の厚揚げと、それにぴったりの蕪の餡は、どこか懐かしさを感じさせる日本人のDNAを刺激します。このお料理もリラックスすることができるランチに仕上げました。同じく心も身体も緩めて血流を良くして「冷え」を撃退しましょう!
     
    ランチには、安心安全な完全無農薬の国産有機野菜のサラダバーをご用意しています。お好きなだけ何度でもお替りしてください。また、有機天然酵母のブレッド、デトックスウォーター、ハーブティー2種類がついてきます。すべてお替り自由です。特にハーブティーは身体を温めてくれますので、お好きなだけ召し上がってください。
    寒くなってくると、無農薬野菜が少しずつ減ってしまいます。私共はできる限り、今できる無農薬野菜を並べています。しかし、残念ですが豊富な品揃えと言えない日も出てきます。皆様には色とりどりの野菜を目で楽しむこともお願いいたします。野菜と雑穀で構成されたBiOcafeのランチに足を運んでいただけますよう、心からお待ちしています。

ACCESS

お気軽にお問い合わせください。

- TEL -
03-5428-3322 03-5428-3322
受付時間 【年中無休】
※ランチはお席のみご予約です。
- 営業時間 -
ランチ11:00〜16:00(LO15:30)
カフェ11:00〜17:00
ディナー17:00〜23:00(フードL.O22:00 ドリンクL.O22:30)
東京都渋谷区宇田川町16-14 パティオI 1F