BiOcafe BLOG

  • 芳醇な香りを楽しむ 大人の女性たちの嗜み

    こんにちは!BIOcafe広報担当です!
    旅立ちから新たなスタートとなるこの時期を皆さんはどうお過ごしでしょうか?

     

    気分一転させたい方や、新しい仲間を向かい入れたい方に渋谷で女子会、おすすめ!
    BiOcafe の「ちょい飲み」をご紹介します。

     

    しっかり働く女性へ、嬉しいお知らせです。
    「ちょい飲み」のためのメニューを4月から加えて行きます。

     

    今日は新メニューの告知です。
    女性が好む泡物ワインと合わせてご紹介しますね。
    働く女性の「メンタルお助け」になると嬉しいです。

     

     

    ・ハーブポテトフライ 白トリュフ風味

     

    誰もが大好きなポテトのフライです。
    普通メニューのように見えますが、このフライドポテトのポイントは、なんと!
    白トリュフオイルで頂きます。

     

    …では、白トリュフについて解説いたしますね。

     

    そもそも、トリュフには白と黒がありますが、この二つは香りが違います。
    黒よりも白トリュフの方が高価なのです。
    香りも白トリュフの方が上品です。
    昔から媚薬と言われていて、この香りで気分が高揚してリラックスできるのです。
    どこでも採取できるわけではありません。
    北イタリアのアルバで採取されますが、ごくごく限られたエリアです。
    土の中の、湿った楢の木の根っこのあたり、深くに生えています。
    トリュフは香りを頂くものなので、香りがご馳走です。
    しかし、採取した後は10日間も持たずに、どんどん美味しい香りが気化していって、残念ながらしぼんでしまいます。
    この香りを持続できるように、エキスをオイルに封じ込めたのが、白トリュフオイルなのです。

     

     

    加熱すると香りが無くなるので、揚げたてのポテトにつけて召し上がって下さい。
    オイルはカロリーが高いからと言って心配する必要はありません!
    良いオイルを体内に取り込むのは必要なことですから…
    オイルの話は深いですから、近いうちにでも、また今度。

     

    今日もお仕事お疲れ様でした。
    この媚薬の白トリュフで、うるうるした眼差しを取り戻して下さい。
    お腹も満たして、キレイに磨きがかかって、これぞ一石二鳥のハーブポテトフライです。

     

     

    ・マルヴァジーア セッカ DOC

     

    女性なら誰でもがはまってしまう泡物ワイン、中部イタリア、エミリアロマーニャ州のワインです。

     

    名前から解説しますね。

     

    マルヴァジーア→ブドウ品種のこと。
    セッカ→辛口。甘口も作っているので、敢えて辛口と伝えるためです。
    DOC→イタリアワイン法の格付けです。

     

    カ ディメディチ社というワイナリーなのですが、女性の経営者なので、女性の気持ちが良くわかっていて、作られたのだと思います。
    ここではコマゴマどんな味とか香りとかは、敢えてお伝えしません。
    結末を知らされてから、見たいテレビ番組を見るようなものですから…

     

    白トリュフの香りとマルヴァジーアのぶどうの香りは、明日の目覚めをキラッキラにしてくれます!
    香り、味わい、そして仲間との楽しいひとときを、ぜひ BiOcafe で☆

     

    4月からのメニューです。お待ちしています。

ACCESS

お気軽にお問い合わせください。

- TEL -
050-5269-7830 050-5269-7830
受付時間 【年中無休】
※ランチはお席のみご予約です。

コースは18:00〜21:00のみ予約可。
ネットからの予約は前日まで承ります。
また、当日受付は電話のみのご対応となります。
- 営業時間 -
ランチ11:00〜16:00(LO15:30)
カフェ11:00〜18:00
ディナー18:00〜23:00(フードドリンク共にLO22:00)
東京都渋谷区宇田川町16-14 パティオI 1F